日本全国のあらゆるワインがここに!ビストロメシをつまみにハイカジュアルな日本ワイン専門店

CONCEPT


SARU Wine Japan Bistro

― CONCEPT ―

VIVA ! JAPAN WINE !

とある人から、来日したとあるイタリア人シェフがこう話していたのを聞いた。
「何故日本のイタリアンはイタリアワインしかないんだ?あなた達の国でも素晴らしいワインがあるだろう?」と。
確かに言われてみればそう、だが、私は「日本のワイン=甘い、軽い、高い」と思い込み、どこか避けていました。
白ワインは甲州ワインが美味しいことは知っていましたが、赤ワインは正直難しいだろうと。

SARUを開業して半年くらい経った頃。そんな私が驚くワインに出会ったのは。
そのワインは固定概念を覆し、十分な果実味に優しいタンニン、綺麗な酸。
美味しくて驚きました。しかもリーズナブル。
ワインの名前は『朝日町ワイン、遅摘みマスカットベリーA’12』

詳しく調べると、軽く仕上がりがちなマスカットベリーAの糖度と完熟具合を増すために日本で一番収穫を遅らせている工夫。
この様な工夫で、しかも日本固有の品種の美味しいワインがあることが驚きでした。

それから興味を持ち、日本ワインの歴史から始まり、その地方の環境に対応したワインの作り方、そして味わい。
色々調べ知るにつれ、ヨーロッパワイン好きが、もう日本ワインの虜に。
主張しすぎない優しい感じ、飽きのこない飲み心地、日本の品種による個性、そして美味しいワインを作るために工夫と研鑽を積み重ねる職人魂。
その積み重ねた長い時間が、今の日本ワインの形になったのだと思います。

大手町 SARU Wine Japan Bistro のワインリストは、日本ワインを十分に楽しんでいただけるよう、全国から選りすぐりの80種以上を集めました。

白ワインは、8世紀から日本に存在すると言われる甲州種。
高温多湿な日本の気候では育てるのが難しいが、生産者さんの努力で近年美味しいワインが出来ている欧州種。
元々は食用で日本の気候になじみやすい北米種。
赤ワインは、何と言っても明治終わりから昭和にかけて、日本の気候で育てやすいブドウの後輩に晩年尽くされた川上善兵衛さん由来の品種、欧州種、作り手の工夫が素晴らしいアッサンブラージュのワイン。

高いイメージを払拭するよう、できるだけリーズナブルなものから珍しい限定希少ワインまで。
日本ワインに馴染みが薄い方も、飲んだことがない方、そしてワイン好きな飲み慣れた方も、あっと驚くグラスワインを多くご用意しています。

”自称ノムリエ”である店長、山木隆史が各地のワイナリーに行って飲みまくって選んだワインに合わせ、
日本料理出身のシェフ、富田修平の和の調味料や素材を活かしたカジュアルな”ビストロメシ”を、お楽しみいただけたらと思います。

Boss SARU
猿田伸幸



SARU Wine Japan Bistro

〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1−1 大手町パークビルディングB1F よいまち内
電話番号:050-5266-0492

【営業時間】
[月~金]
11:00~14:30(LO)
17:30~22:00(LO)

【定休日】
土日・祝日・年末年始
※土曜日は貸切営業のみ承ります。ご希望のお客様はご予約日の一月前までにご連絡ください。

【アクセス】
地下鉄各線 大手町駅C6a出口直結

Catering Service

Our Sister Store

RESERVE

☎ 050-5266-0492

アプリページはこちら