SARU – Wine・Japan・Bistro –

千代田区大手町は、徳川家康の江戸入府の後、江戸城本丸への正門にあたる「大手門」から来る由来の地で、江戸時代は大名屋敷、明治以降は官公庁、戦後は日本有数のビジネス街という歴史を持つ地です。昨今では再開発が進みビジネス街としては勿論、有力ホテルの進出も目立つ国際的な街。その街への出店オファーを頂いたのは2年前、熱心に誘って頂き光栄に感じ、またSARUの新たな成長の可能性への挑戦の為出店を決めました。
 
1件のお店が産まれて行く過程には色々な背景があります。
熱心にお誘い頂いた方の背景の想いはこの街の魅力をあげる事、この街で働く方の食環境の充実がある事でしょう。
限られた空間の中で、機能的であり、魅力的であり、そして安全であるかを試行錯誤する設計士さんの苦悩があります。
私達の想いを「デザイン」という形で表現し、視覚で魅力や楽しさを創り出すデザイナーのセンスと努力があります。
それぞれ想いややり方は違えど、「お客様に喜んで頂くため」美味しい食材を創り出す生産者さん。
歴史を重んじ且つ革新的な生産を目指すワイン醸造家さん。
そういった方たちの背景がぶつかりあって一つの世界が産み出されて行くのは本当に不思議で神秘的です。
ただ、根っこで私達が提供したいのは都会のど真ん中、しかもビルの地下という空間だからこそ求められるであろう暖かい存在。そして国際的な場所だからこそ、日本の魅力のまた面白い一面を楽しんで頂けたらと思っています。
 
今までのSARUで大切に信頼を築いて来た日本各地の生産者様から届く食材を美味しく、また今回はわいわいと楽しめるよう楽しく趣向をこらしました。
ワインは1870年(明治3年)に日本初の醸造が始まり、約150年の歴史を持ち日本ならではの顔を見せる日本ワインをご用意します。
それらを、賑やかだけど何か家のようなほっとするような空間でお過ごしお楽しみ頂けたらと思います。
ランチは素材感ある3種のソースにたっぷりの野菜を加えボリューム感たっぷりのパスタを、短い休憩時間を有効に過ごして頂き午後へのエナジーチャージをして頂けるよう短時間提供しっかりボリュームにてご提供します。

ぜひ気のおけない仲間とお越し下さい。お待ちしています。
2017.2.23 猿田伸幸


SARU – Wine・Japan・Bistro – 大手町 > CONCEPT